素人が行うと

害虫駆除の、今後とは

都市化が進み、人間の生活が自然とはかけ離れた状況にある現状にあっても、害虫駆除の相談は今もなお多く存在しています。本来は山間部などに生息するスズメバチは都市部において生息域を広げており、また温暖化に伴って南方に由来する虫が本来は生息していない地域で確認されるなどして問題となっています。例えば蚊によって媒介されるデング熱は本来南方に生息する蚊によって媒介されます。そうした南方由来の蚊が関東地方にまで生息域を広げて、デング熱の大量感染を引き起こしました。国外から流入する例も最近では増えています。そうした外来の虫たちもまた、年々生息域を広げています。今後害虫駆除においては、こうした日本には存在していなかった新しい害虫への対策も必要です。

駆除をする場合の注意

個人で害虫駆除をすることは可能です。しかし、場合によっては駆除作業は危険を伴います。それこそシロアリなど、屋根裏や壁裏に生息するような虫であれば、狭い場所で作業を行いますから屋根を踏み外したりしてけがをする可能性もあります。また薬剤を散布する場合でも、十分注意して行わなければ危険です。そうした意味合いにおいては、害虫駆除は個人で行うのではなく、駆除を専門として扱う駆除業者に依頼したほうが安全ですし、確実です。

このエントリーをはてなブックマークに追加